お問い合わせ|050-7542-0919|福岡県福岡市中央区
  • 平田大樹

【おすすめ絵本】絵本の読み聞かせイベント“ブックレク”開催しました!(1月)


こんにちは! 福岡天神の幼児教室レクルンの平田です。 1月も絵本の読み聞かせイベント“ブックレク”を開催しました!

今月は「果物・野菜」がテーマでした!

絵本はこちらの2冊です。

◇やさいのともだち

(あらすじ)

だいこんちゃんとにんじんちゃんが、土の中でお話しています。だいこんちゃんが言いました。「にんじんちゃんがすきよ」 2つのやさいはニコニコ。

トマトちゃんもきゅうりちゃんも、かぼちゃんも、みんなニコニコなかよしです。 ずっと笑顔の野菜たちがかわいいイラストも魅力ですが、野菜たちにちゃんと“土がついている”のも、小さい子の絵本には珍しいタッチです。

子の絵本を読めば、自然と野菜がどこにできるのかを覚えてくれるかもしれませんね」。

(ワンポイントアドバイス)

短いフレーズで進んでいく絵本です。

「好きよ」「なかよしよ」「じょうずね」など、プラスの言葉が出てきたり、「ごっつんこしてごめんなさい」といった、子どもに覚えてほしい言葉も。

どの言葉も、かわいい野菜たちとともに出てくるので、大人も笑顔で読めるのではないでしょうか。

「どっちが好き?」と尋ねてみたり、「ごっつんこしたんだって。よしよししてあげて?」など、言葉をはさみながら読むと、より楽しい物語になると思います。

◇りんごがロコロコロリンコ

(あらすじ)

ぞうさんが、りんごをとろうとしましたが、うっかり手が――いや、鼻がすべって、りんごはコロコロ逃げていきます。

まずはそうさんの背中をコロリンコ。

その後ろにいたキリンさんの上をコロリンコ。どんどんりんごは転がって、いったいどこまでいくのでしょう?

シンプルなタッチのイラストが親しみやすく、また動物たちがたくさん出てくるので、子どもにもうれしいお話だと思います。

(ワンポイントアドバイス)

最初は「コロリンコ」と進んでいくお話。

そのうち、らくだの上を「コブリンコ」、フラミンゴの上を「フラリンコ」など、ちょっとずつおかしな転がり方をしていきます。

子どもたちも、ユニークな言い回しがお気に入りのようで、その部分になるとクスクス笑う子も少なくありません。

読み聞かせのときは、その「へんてこ」な転がり方が存分に伝わるよう、少し大げさに読んだり、「コブリンコ??」と驚いたような読み方をすると、さらに面白さが伝わります。

2月も開催しますので、是非ご参加下さい!

申込はこちら⇒https://coubic.com/oyakorec

【関連情報】

1歳・2歳の読み聞かせにオススメの絵本【まるまるころころ】 【ファンファン福岡】「すぐにできる!子どもが本好きなる3つの工夫」

【おすすめ絵本】絵本の読み聞かせイベント“ブックレク”開催しました!(6月)

【おすすめ絵本】絵本の読み聞かせイベント“ブックレク”開催しました!(8月)

#イベント情報 #ブックレク #絵本の読み聞かせ

18回の閲覧