お問い合わせ|050-7542-0919|福岡県福岡市中央区

【レクルンTIMES vol.36】成功者の共通点は「GRIT・やり抜く力」 「やり抜く力」を伸ばす効果的な方法をご紹介

12/01/2018

こんにちは!レクルンです。

2016年に発売されて世界的に注目された書籍「GRIT」についてご紹介します。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ等多くの著名人も重要視している「やり抜く力」。

子育ての中で効果的に伸ばす方法とは?

●「やり抜く力」を伸ばす効果的な方法

 

◆子どもに「親をまねる」ように促す

話し方が似ていたり、ふとした行動を真似していたり、子どもは親の真似をするのが大好きです。

アメリカの研究でも世界トップクラスのスポーツ選手や芸術家なども親が子どもの手本となり大きな影響を与えていると言われています。

例えば積み木をする時もまず親がやってみれば、子どもはそのまま真似をします。

まず親がやる姿を見せて子どもがまねるように促してみましょう。

 

 

◆◆「あなたならできる」と高い要求をする

初めてのことなど、思う通りにいかずに子どもが諦めてしまいそうな場面があります。

そのようなときは「能力があるのだからできる」と高い要求をし、最後までやり抜けるように支援をしましょう。

自分ならできるという自尊心に繋がります。

 

 

◆◆子どもをしっかりと見る

子どもは親に褒められるのも大好きです。

ちょっとした変化でも、「できるようになったね」「昨日より上手になったね」と声をかけましょう。

子どもが成長していくと、子どもの変化に気付いていても声かけをしなくなるケースも少なくないようです。

あまり気負う必要はありませんが、しっかりと見守り伝えるようにしましょう。

 

 

アンジェラ・ダックワース(2016)『やり抜く力-人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける-』 ダイヤモンド社.

12月のハンドメイド教材 ~形~

 

【割ったり組み合わせたりして“見立てる” ~工作遊び~ 】

 

円を半分に割った「半円」と、三角形で作るアイスクリーム。

だ円を半分に割ったものと円で、うさぎのお顔――など、シンプルな形も、組み合わせればいろいろなものに変身します。

この工作の意図は2点です。

1つは「形の中に隠れた他の形に気づくこと」たとえば、正方形を斜めに割れば三角形が現れますね。

もう1つは「形を何かに見立て、想像力や発想力を養うこと」。

小さいときの「~みたいね」という子どもの言葉は大切にしたいものですし、大人も普段からそういった声掛けを意識すると、子どもの感性をより豊かにすることができるでしょう。

 

 

【絵本紹介 『もこもこもこ』 作:谷川 俊太郎 】

 

「しーん」「もこもこ」「にょき」などなど、ひたすら擬音で進むこの本。

ここがどこなのか、これは何なのか、不思議な世界です。

言葉も奇妙ですが、元永定正さんの描く絵もとっても奇妙。

谷川俊太郎さんも「ぼくはもとながさんのかく、へんなえがだいすき」と、子どもたちに作品への思いを寄せています。

この本のように、ストーリーがない絵本は読む側の大人からすると難しく感じられたりしますが、逆に「なんでもあり」ととらえて「これなんだろうね」「何かでてきた!」など、絵とフレーズをきっかけに親子でその場面を作っていくと良いと思います。

まだお話をしない1歳児さんにも、大きく色彩もはっきりした絵が好ましく映るようですので、イラストを楽しむだけでも十分な1冊といえます。

 

12月の親子イベント情報

 

●“3つの力”を刺激する、新しい読み聞かせ『ブックレク』

 絵本を読み、その内容にちなんだ手遊びや工作をすることで、絵本の世界を体感できます!

 

【開催日時】

12月22日(土)10:30〜11:30

 

【対象年齢】

1〜3歳

 

【参加費】

 ¥500(税込)

 

【定員】

5組

 

お申込みはコチラ⇒ https://coubic.com/oyakorec/337317

 

 

 

 

●思いきり体を動かそう『ボディレク

 「ボディ」で楽しむ「レクリエーション」!

運動で脳も活性化!

親やお友達と取組んでコミュニケーション力アップ!

 

【開催日時】

12月27日(土)10:30〜11:30

 

【対象年齢】

1〜3歳

 

【参加費】

 無料

 

【定員】

8組

 

お申込みはコチラ⇒https://coubic.com/oyakorec/265575

 

 

●身近なフシギが、探究心を刺激する『カガクレク』

カガクレクは年少〜年長向けの親子で参加する科学実験レクです。

少しずつ先の予測ができるようになってきたこの時期に、知らない不思議なことに触れることで、子どもの探究心を刺激します。

 

◆身近に存在する不思議を発見する

◆カガク実験を通して好奇心・探究心を刺激する

◆予測⇒観察⇒検証という論理的思考を身につける

 

【実験カリキュラム】

12月 不思議を作ろう!工作実験②

・メビウスの輪

・ホバークラフト

・スライム 他

 

【開催日時】

12月22日(土)13:40〜14:40

 

【参加費】

当日¥4,000(税込) 予約¥3,500(税込)

 

【定員】

5組

 

【対象年齢】

年少〜年長

 

お申込みはこちら⇒ https://coubic.com/oyakorec/228519

 

 

Please reload

おすすめの記事

【出張講座】つくし保育園でおやこレクプラスを開催しました!|19年11月11日開催

11/12/2019

1/5
Please reload

カテゴリー